戦略策定

状況に応じた「作戦」が大切です

今までやってきたことと同じことを続けていては、業績の維持さえ難しいのが、現在の市場環境の特徴です。そこで、「今までやってきたことを見直す作業」「これからやるべきことを考える作業」が必要となります。 

 しかしながら、「やり方を見直す」ことは、決して簡単なことではありません。同じことを継続するほうが簡単ですし、新しいことに挑戦するのは物心両面にリスクを伴うものだからです。 

当オフィスでは、経営の方向性の見直しについて、さまざまなお手伝いをさせていただきます。 

経営理念・ビジョン策定

企業の戦略を見直すうえで、最も重要な作業は、「わがが社は何のために存在するのか?」「我が社は何を目指しているのか?」を明確に定めることにあります。「経営理念」や「経営ビジョン」は、企業の戦略の策定・見直しの拠り所となるからです。

当フィスでは、企業戦略を構築する前提となる経営理念・ビジョンの新たな策定、見直しのお手伝いをいたします。

お問い合わせはこちらからどうぞ。

   

経営戦略見直し  

売り上げが低下していることを景気や政府のせいばかりにしていては、業績回復は困難です。時代の変化とともに、顧客のニーズは変化します。高業績企業と低業績企業の差は、潜在的な顧客ニーズを察知する力の差ともいえます。 

当オフィスでは、業績を回復するための企業経営の方向性構築のお手伝いをいたします。

お問い合わせはこちらからどうぞ。

メディア戦略策定  

広告や新聞・雑誌など記事は、御社の製品・サービスをお客様に伝えるうえで大きな役割を果たします。中小企業・小規模企業といえども、広告に対する統一的な考え方を持つことが重要です。また、マスコミに取材を受けることも不可能ではありません。 

当オフィスでは、広告クリエイティブ、パブリシティ活動のお手伝いをいたします。

お問い合わせはこちらからどうぞ。

 

© 2006 ConsultingHouse PLYO