本を持っている女性

Pension Law

年金教育

当オフィスでは、業務で年金知識が必要となる組織・団体を中心に「年金教育サービス」をご提供しています。

興味がある企業様は、以下の動画をご覧ください。

※ BGMが流れますので、パソコンの音量にご注意ください。
当オフィスがご提供する年金教育の「教育カテゴリー」は、次の4種類になります。
制度習得教育   

日本の年金制度の仕組みについて、「初歩」から「難解な仕組み」まで体系的に習得するための解説を行います。年金関係コールセンター、年金保険者、金融機関、生命保険会社など、年金制度にかかわる企業・組織に最適の研修です。

これまでの制度修得研修の実績はこちらからどうぞ。

テーマ別教育  

年金制度の「法改正事項」「年金額計算」「加入要件」など、特定のテーマに絞った解説を行います。年金制度にかかわる企業・組織または社会保険労務士試験の合格を目指す皆さんに好評の研修です。

階層別教育  

社員の階層別に次のような教育を行います。

《新入社員教育》

新しく社会人になった若手社員に対し、「公的年金制度の意義」「給料から差し引かれる保険料の仕組み」「万が一の保障の仕組み」などの解説を行います。若手社員にわが国の社会保険制度・公的年金制度への “正しい認識” を持たせるために重要な基礎研修となります。

 

《中堅社員教育》

中堅層の社員に対して、「ねんきん定期便の見方」「年金額の決まり方」などを解説します。自身が納めた年金保険料が年金受給にどのようにつながるのかなど、年金制度への理解を深めていただく研修になります。

《高齢社員教育》

年金受給が近い高齢社員に対して、「公的年金の受給の仕組み」「給料と年金の調整の仕組み」などを解説します。年金生活と職業生活を上手にマッチングさせるため、高齢社員にぜひ受講していただきたい研修です。

検定対策

銀行業務検定である「年金アドバイザー」検定の合格を目標とする研修です。単に検定合格のための知識を解説するだけでなく制度の立法趣旨や年金実務で発生する問題を交えながら、理解を深めていただくことに重点を置いて行います。2級・3級・4級の中から、ご希望の級の研修を実施いたします。

年金教育サービスの​​「ご利用方法と費用」はこちらからどうぞ。

年金教育サービスの「お問い合わせ」はこちらからどうぞ。

本を持っている女性